自宅や所有不動産は【物件】としての意識を持ちましょう!

不動産売却の際に注意すべきポイント
自宅や所有不動産を売却する際には、いつ売れるのかやいくらで売れるのかということが非常に気になるものです。
しかし、売りに出した後に不動産会社から連絡がなかったり、内覧希望が来なかったりすると、どうしたらいいのか悩むこともありますよね。
そこで、個人の売主であっても、いくつかの準備を進めておく必要があります。
この記事では、名古屋市の不動産売却を中心に取り上げ、具体的なポイントについて説明します。
まず、自宅や所有不動産を売却する際には、それを単に “自宅” や “所有物件” としてではなく、「売り物」という意識を持つことが重要です。
自宅として暮らしてきた場所でも、購入希望者や不動産会社からすれば、それは単なる物件です。
購入してもらうためには、「売り物」としての意識を持ち、アピールすることが必要です。
そのためには、室内写真をインターネット上で公開することは必須です。
かつて、不動産を探す際には、土曜日に新聞折り込み広告や、「物件速報」というタイトルのポスティングチラシを見て、不動産会社に問い合わせるというのが一般的でした。
しかし、現在はスマートフォンやパソコンを使って、ポータルサイトで条件を入力し、画像付きの物件情報を閲覧することができるようになりました。
問い合わせ方法も、かつては不動産会社に電話する必要がありましたが、現在はメールで資料請求や内覧の希望をするだけで、不動産会社が対応してくれます。
これにより、購入希望者は事前に物件の情報を調べることができるようになり、その中でも特に室内写真は重要な要素となっています。
室内写真が重要な理由は、室内の状態や魅力を伝えるためです。
室内写真が掲載されていない場合、物件の詳細を把握することができず、内覧を希望する人も少なくなってしまいます。
また、外観写真のみが掲載されている場合、「なぜ室内写真がないのか?」「室内が見られないのはなぜ?」といった疑問が生まれ、最終的には内覧に至らないこともあります。
したがって、不動産を売却する際には、インターネット上での室内写真の掲載は欠かせない要素となります。
参考ページ:名古屋市不動産売却|早期売却は不動産業者も行っている方法
室内写真の撮影について
室内写真は必ず撮影することが求められます。
もしも空室の場合は、遠慮することなく撮影いたしますが、居住中の場合は、住人のプライバシーを尊重した上で撮影を行います。
ただ、あくまでプライバシーに配慮するため、どうしても避けられないものについては、画像にぼかしを入れることもあります。
ただし、ぼかしはあまり見栄えが良くないものですし、ぼかしの面積が多いほど鮮明に見えなくなったり、汚く感じられることもあります。