名古屋不動産売却に必要な物

名古屋不動産売却に必要な物
名古屋市で不動産を売却する際に必要な書類や手続きについて説明します。
不動産売却は人生の中でもめったにない出来事のため、多くの人がどのようなものが必要なのか分からないと思いますが、この記事では詳しく解説していますので最後までお読みください。
土地の売却時に必要な物
名古屋市で土地を売却する際に必要なものを以下にご説明します。
1. 登記済み証書(権利書)または登記識別情報通知 2. 確定測量の実施または確定測量図 3. 実印 4. 印鑑証明書 5. 身分証明書 6. 古家がある場合、解体の実施
登記済み証書(権利書)または登記識別情報通知が無い場合
もしも登記済み証書(権利書)または登記識別情報通知を紛失してしまった場合でも、心配する必要はありません。
司法書士が本人確認を行い、特定の手続きを踏むことで売却が可能です。
ただし、この司法書士の本人確認には50,000円から80,000円の費用がかかります。
過去の経験から言えることは、最初は登記済み証書(権利書)または登記識別情報通知が存在しないとおっしゃっていた方でも、費用に関する話をすると100%の方が見つけてくれました。
昔からの境界杭がある場合
もし土地に昔からの境界杭がある場合、売却時に道路と敷地の境界を決めたり、敷地の面積を確定するために確定測量が必要です。
参考ページ:名古屋市不動産売却|不動産の売却に必要な物一覧
土地の境界を確定することの重要性
なぜならば、地面は少しずつ移動している可能性があり、また、過去の測量技術と現在の測量技術には大きな差があるからです。
そのため、土地の境界を確定しておくことは非常に重要です。
さらに、隣の方との境界を事前に確定しておくことは、不動産を売り出す際にも重要な要素となります。
買い手は、敷地が確定していない状況で購入することはできませんし、購入後に境界の問題で隣の所有者とトラブルになりたくないと考えるでしょう。
それに加えて、隣の所有者とのトラブルが発生した場合、売主にも責任が及ぶ可能性があります。
ですので、土地を取得する前には、事前に確定測量を行うことを強くおすすめします。