「頭金」を貯めてから購入を考えるようにしましょう

頭金がない場合の住宅ローン購入について考えてみよう
不動産を名古屋市で購入したいけど、頭金がなくて心配な場合でも、あきらめる必要はありません。
ただ、頭金なしでの購入にはリスクが存在します。
過去には住宅ローンを組む際には、物件価格の20%以上の頭金が必要でした。
しかし、現在では頭金0円でも住宅ローンを組むことができる「フルローン」という選択肢があります。
ただし、できるだけ頭金を用意することをおすすめします。
リスクを考慮した上で、適切な頭金の額やいつ購入するかを検討しましょう。
頭金とは、物件価格の一定割合以上を現金で支払う必要がある金額のことです。
以前は、購入価格の70~80%までしか借り入れができない時代もありました。
しかし、ネット銀行の台頭や既存銀行との競争激化により、フルローンを提供する銀行も増えてきました。
さらに、物件を購入する際には、融資手数料や登記費用、印紙税などの諸費用がかかります。
これらの費用は通常、自己資金で用意する必要がありましたが、最近では住宅ローンを提供する金融機関も登場し、物件価格に加えこれらの費用やリフォーム費用、引越し費用まで融資してくれるものもあります。
自己資金がない状態で家を購入できると、つい迷わずに購入したくなるかもしれませんが、実際には頭金なしでのフルローンはおすすめできません。
なぜなら、頭金0円の場合は利息が増えてしまうためです。
次に、その理由を詳しく説明します。
頭金がない場合の住宅ローン購入のリスクとは?
住宅を購入する際、頭金がなくても名古屋市で不動産を買うことはできますが、考慮すべきリスクがあります。
住宅ローンを組む際には必ず利息が発生するため、できるだけ利息を抑えることが重要です。
同じ金額を借りる場合、利息が少ない方が返済負担が軽くなります。
そのため、頭金を用意して利息を減らす方法を選ぶことが賢明です。
参考ページ:名古屋市の不動産購入で頭金0円で中古物件を購入できる?
利息を節約するためには、借り入れ金額を少なくする方法も有効です
利息を節約するためには、借り入れ金額を少なくすることが有効です。
例えば、3000万円の物件を購入する場合、3000万円のローンを組むのではなく、先に300万円の頭金を支払って2700万円だけを借りると、利息が安くなります。
このような方法では、支払う利息の総額を減らすことができます。